【コラム】エントリーシートを早めに完成させるといい理由

就活ノウハウ

提出した時間がエントリーシートの合否に影響

こんにちは、アスリートプランニングの岡本です。
前回のコラムでは、エントリーシートの使い方が企業によって違うという話をしました。読んでみたいという方はこちら↓
【コラム】体育会学生のエントリーシートの使われ方
https://asupura.com/2021/knowhow/detail.php?knowhow_id=7729

エントリーシートに関して注意してほしいことがあります。それは期限ギリギリに提出するエントリーシートについてです。締切が集中する3~4月というのは、体育会学生が合宿や大会で忙しくしている時期ですよね。だからと言って、提出期限ギリギリまで書いて滑り込みで送ることになると読んでもらえない、もしくはその時点で評価が下がってしまう恐れがあるのです。提出期限内に出しているのに「なぜ?」と思うかもしれませんが、ちゃんと理由があります。
今回はなぜエントリーシートは提出期限ギリギリではいけないのか、それに加えてなるべく効率よくエントリーシートを書くコツを紹介していきます。

エントリーシートの提出の早さが志望度の高さを印象づける

エントリーシートが締め切り間近だと読まれないのは、応募者多数の人気企業によく見られる傾向です。人気企業は締め切り間近にならなくても、十分な数のエントリーシートが届くためその中から十分な数の通過者を選ぶことができます。締め切りに近づくに連れ、エントリーシートの提出数がどんどん増えていくため、読む手間を割けないのが実情。締め切りギリギリに届いたエントリーシートに対しては、志望度がそれほど高くないだろうと判断されかねません。
提出が遅くなると生じるデメリットは他にもあります。締め切りに近づくにつれ、人事の目がエントリーシートに慣れてくるため、「合否の判断が厳しくなる」「印象に残りにくくなる」ということが起きます。例えば、毎日美味しいものを食べていたら、舌は肥えていき、美味しいと感じるハードルが高くなりますよね。それと同じで、人事が良いと感じるエントリーシートのハードルがどんどん上がっていくのです。

郵送提出の場合は締め切り当日に完成したとしても絶望的

郵送の場合、ネットで提出するよりも余裕を持ってエントリーシートを完成させないといけません。エントリーシートが期限日に企業に到着してないといけない場合(当日必着)と、郵便局のハンコの日付が期限日内でないといけない場合(消印有効)の2種類あります。これは企業によって違うので、あらかじめ確認しておきましょう。
前者の場合、郵送にかかる日を逆算して準備する必要があります。郵便局のサイトに、郵送にかかる日数を計算してくれるページがあるので参考にしてみてください。それでもギリギリになってしまった場合は速達で送ることをオススメします。
消印有効の場合もその日中にポストに入れればいいわけではなく、その日中に郵便局に到着していないといけないので、当日のポストの回収時間までに投函するか近くの郵便局・ゆうゆう窓口に持参する必要があります。自分で切手を貼ってポストに投函するとき、送料が間違っていると送り元に返送されてくるということが起こりやすいので、基本は郵便局に持参するようにしましょう。

効率よくエントリーシートを書くコツ

エントリーシートを早く出さないといけないと言っても、部活が忙しいことに変わりありません。そこで、なるべく短時間で、効率よくエントリーシートを書くことができる方法を伝授します。ポイントは2つあります。
1つ目は、学生時代頑張ったことを2種類以上作っておくということ。自己PRと学生時代頑張ったことの両方を、同じ企業から聞かれたときに対応できるようにするためです。そのうち1つは組織に関連することのほうがいいでしょう。なぜなら、企業は個人プレーで結果を出すことを考える人より、組織への貢献を考えられる人が欲しい傾向にあるからです。志望動機も同じ業界内であれば、ベースは使い回せます。ただし、商品のことを書いている場合は修正を忘れないように。使い回すときは同じ業界の他社ではなく、その企業でなくてはならない理由も盛り込むようにしましょう。
2つ目は、まず簡単に大枠のストーリーを書いて、それから肉付けしていく書き方。最初からちゃんと書こうとすると、考え過ぎてしまってペンが止まってしまいます。そこで、ざっくりと話の流れから書いて、その後掘り下げていけば立ち止まっているもったいない時間を削減できます。

エントリーシートの通過率を上げるにはスケジュール管理が肝

部活と両立しながらエントリーシートを書いていかないといけないのは本当に大変です。しかし、忙しいことを理由にエントリーシートを通過させてくれるわけではありません。なるべく早く提出できるような計画や準備が必要になってきます。スケジュール管理のためのオススメツールの話を下記コラムでしています。ぜひ参考にしてみてください。
【コラム】体育会学生のスケジュール管理の仕方
https://asupura.com/2021/knowhow/detail.php?knowhow_id=6112
エントリーシートは添削してもらったほうがより良い内容となりますので、添削の時間も踏まえたスケジュールで書けると最高です。かと言って、ギリギリになってしまったエントリーシートの提出を諦めないでください。どの企業が締め切り期限より前に実は締め切っているかなんてわからないので、提出してみれば好転する可能性は残されています。
面接の切符を掴み取れるように、まずはエントリーシートという予選を突破しましょう!

他の就活ノウハウを見る