【コラム】体育会学生におすすめの情報収集方法

就活ノウハウ

就活は情報戦!就活に時間を割けない体育会学生はどうするべきか

こんにちは、アスリートプランニングの岡本です。

就活は情報戦と言われています。情報を知っている人と知らない人で、大きな差がついてしまうということです。例えば、前年度より早い時期から選考スタートしている企業の情報をキャッチできていないと、気づいた時には募集が終わっていたり、華やかな仕事だと思って受けてみたが実際の仕事内容は泥臭く、イメージと全然違ったり、志望度の高い企業が特殊な筆記試験を使っていることを知らず対策不足になったりなんてことがあります。
情報を効率よく収集している人は有利に就活を進めることができるのです。実際、体育会学生は就活に役立つ情報をあまり多くは持っていません。なぜなら、部活に熱を注いでいる分、就活にあてる時間が少なく、交友関係が体育会の友達に限定されがちで周りに就活に詳しい人がいないからです。
ではどんな情報を持っているといいのでしょうか。大まかに言うと、就活の進め方、業界・企業のこと、選考突破のコツ、説明会の開催情報、就活におけるマナーなどが挙げられます。そこで今回は、こういった情報の集め方を紹介していきます。

ナビサイトからのメールは即チェックが鉄則

リクナビマイナビなどの就活ナビサイトは、基本的な就活の進め方から企業のエントリー開始情報やセミナー・説明会の予約など期限のあるものに関する情報、企業からの連絡をメールで送っています。「エントリーをし損ねた」「説明会が満席で予約できない」「企業からの合否連絡を見落としていた」ということを避けるために、メールをこまめにチェックする癖をつけましょう。
ただ、複数のナビサイトに登録すると1日に何十通もメールが届いてチェックするのが大変です。そこで膨大な量のメールの捌き方を紹介します。

GmailやYahoo!メールでは条件を設定すると、自動でフォルダごとにメールを振り分けてくれます。送り主によってフォルダを分ければ、どこから届いているメールなのかすぐに判別できます。
この設定はできないなという人は、届いたメールの送り主でどこまで読むか判断することをオススメします。例えば、企業からの連絡が届く可能性のあるサイトからのメールは絶対読む、セミナーや説明会の開催情報が送られてくるサイトからのメールはちょっとだけ読んで判断し、それ以外はメールのタイトルだけ見て判断するといったように。読まないと判断したメールはどんどん捨てていくか、Gmailについている機能のアーカイブをして受信トレイから一旦削除するなどして余計な情報は移動させましょう。後で読みたいメールの場合は専用のフォルダを作って一旦そこに移動しておくのもいいですね。

フィルタの設定方法が載っているサイトを紹介しておくのでできそうな方はやってみてください。
Gmailフィルタ設定
※Gmailはスマホ上だとアプリではなくブラウザのデスクトップ表示じゃないと設定できません
https://boxil.jp/mag/a1721/
Yahoo!メールフィルタ設定
https://tinyurl.com/y4gj66dl

ネットに出てないリアルな情報を取るために就活に詳しい友達を作ろう

何かを調べたい、知りたいと思ったとき、ネットで検索するのが今の時代の主流ですよね。
ただし就活の情報はネットから得られるものだけでは不十分だったり、そもそもどうやって検索したらいいか分からないということが起きます。
そんなときオススメしたいのが、人から聞くことです。部活の同期・先輩、学部の友達、大学の職員、OBOG訪問をしてくれる社員、人材会社のキャリアアドバイザー、家族など様々なところから様々な情報が得られます。ネットには出ていない最新の情報や、公表できない裏情報を聞くことができる上に、その人が持っている知見を活かしてプラスアルファの情報を出してくれることもあります。欲しい情報がわかっているときは、情報の種類によって聞く相手を使い分けすると効率よく情報収集できます。今就活をしている人の声を聞くなら同期、自分の大学の就活に関する情報は大学の職員、その企業の裏側の情報を知りたいならOBOG訪問、就活市場の幅広い情報なら人材会社のキャリアアドバイザーといったように。
相談相手によって得られる情報が違うという話は下記コラムを読んでみてください。

【コラム】体育会学生は誰に就活相談したらいい?
https://asupura.com/2021/knowhow/detail.php?knowhow_id=5995

また、もともと知り合いじゃなくても就活に詳しい人と仲良くなっておくとよりたくさんの、最新の情報を教えてもらえます。就活に詳しい人は早くから本腰を入れて就活していて、経験値が高いので、蓄積している情報量が多い上に、最新の企業情報や選考情報を知っていたりします。
どこで就活に詳しい人と仲良くなればいいのかというと、インターンシップや早期選考の場です。そこに来ているということは早くから就活している証拠なのです。積極的に声をかけてみて会話をしてみてください。初対面の人に話しかけるのは勇気がいるかもしれませんが、就活で友達が増えるなんてことはよくあることです。

いつでもどこでも簡単に使えるおすすめ就活アプリ

時間に余裕のない体育会学生はわずかな移動時間も有効に使うべきです。スマホであればすぐに取り出せるので、情報収集できるアプリをインストールしておきましょう。そこで、おすすめの情報収集アプリとおまけで就活に役立つツールが使えるアプリを紹介します。

・ワンキャリア
就活セミナーや企業の説明会情報、通過ES、選考体験談、就活記事が閲覧可能です。通過ESや選考体験談の掲載数は業界トップクラスです。

・就活ニュース
興味のある業界を選択でき、その業界に関連するニュースをピックアップして閲覧することができるので、業界・企業研究にもってこいです。ESやSPI対策、面接に関する記事も見ることができます。

・スマートニュース
クーポンを出しているアプリでもありますが、幅広く時事情報を知るのにおすすめです。就活そのものに関する情報というより、面接で「気になるニュースはありますか?」と聞かれたときに答えられるようにするために色んなニュースを知っておくという意味で役立ちます。

・ES添削カメラ
就活市場で有名なdodaが提供しているサービスです。ESをカメラで撮影して送信するだけで添削してくれます。その上、人事が見る評価基準をもとにしてしっかり添削してくれるので、添削の質も悪くはありません。

待ってるだけじゃダメ、自分から情報を掴みにいかないといけない

就活では、様々な手段で様々な情報を収集していかないといけません。しかし、就活は主体性に任せられており、学校のように教科書があるわけではないです。しかし、世の中には就活に関連する情報が大量に転がっています。中には誤った情報や古い情報が混ざっているので、どれが正しい情報なのかを見極める必要があります。
部活が忙しくて就活にかけられる時間がないから仕方ないと割り切るのではなく、時間を有効に使って就活で勝利を掴むために必要な情報キャッチしていきましょう。

他の就活ノウハウを見る