【コラム】いつから何をやるべき?部活と就活両立するためのコツ

就活ノウハウ

部活と両立するための就活の全体スケジュール

こんにちは、アスリートプランニングの岡本です。

そろそろ就活が始まるなという時期が近づいてくると、「就活って何をするんだろう?」「内定もらえるかな、、」という漠然とした不安のような想いも出てきます。
最初にお伝えしておきたいのは、就活と部活の両立のためには早い時期に就活の準備をしておく必要があるということです。なぜなら、体育会学生は学業以外に部活にも多くの時間を拘束され、就活に割ける時間が一般学生より少ないからです。
就活のピークである説明会や選考が集中する3〜6月というのは、一般学生にとっては春休みである3月、授業が少なくなってくる4月と重なり、就活中心の生活を送ることが可能な時期です。一方、体育会学生は試合やそのための練習を活発に行う部活が多いため、就活メインとはいきません。

就活に時間をかけられない体育会学生が注意すべきこと

就活に割ける時間が少ないことで主に2つの影響を受けます。
1つは、企業研究などの調べものや、選考の対策など時間をかけてコツコツやらないといけない対策の時間を取れずに、事前準備が疎かになることです。
もう1つは、部活を休めないことで選考を受ける企業の数が制限されるので、ある程度企業を絞る必要があることです。適当に企業を絞って自分に合った企業を見つけられるわけはないので、業界のことを知り、企業のことを知った上で選別しなければなりません。でも、もちろん選別のための調査の時間も多くは取れません。

他にも、就活の準備を早くしないといけない理由があります。これは全学生に影響することですが、説明会、選考などが去年より前倒しで行われる「就活の早期化」によるものです。就活のルール上では、説明会などの広報活動は3月以降に、面接をはじめとする選考活動は6月以降に行うことになっています。
しかし、企業としてはなるべく早く学生に会いたいという思いから、3年生が参加できるインターンシップ(通称:インターン)を実施したり、座談会、OBOG訪問会、キャリアセミナーといったイベントに参加するなど、前倒しの動きが年々加速しています。

要するに、「部活で忙しいこと」と「就活の早期化」を踏まえると、3月以前に余裕をもって準備をしないといけないということ。
本記事では、就活全体の流れとそれぞれの時期にやるべきことを紹介するので、自分の部活が忙しい時期がいつなのか考えながら、いつ何をやるべきか計画していきましょう。部活が忙しい時期は部活に専念するためには、空いている時間で効率的に進める必要があるからです。

今回は「就活全体のスケジュール感」と「いつまでに何をやるべきか」をお伝えしていきます。

エントリーシートも面接対策も早めの準備が内定へのカギ

下の図は4年生の3月に卒業する場合の、3年生9月〜4年生6月の大まかなスケジュールです。ここで書かれている倫理憲章とは、日本を代表する企業で構成された団体が定めた新卒の採用活動における大まかな指標です。

この図を見て気付いて欲しいことは2つ。
1つ目は、各企業によってスケジュールが違うため、エントリー・エントリーシート提出・試験・面接は、選考を受けている企業分が同時進行で進んでいくということ。大学受験のように、各大学一斉に1次試験、それが終わったら2次試験と足並みを揃えてくれることはありません。ざっくりとした時期は同じですが、それぞれの準備は企業が受付を開始する前にやっておく必要があります。

2つ目は、3月から企業選びや自己分析を始めては遅いということ。
企業が説明会などの広報活動を始めるのは3月からですが、人気企業の説明会は受付開始数分で満席になります。つまり、どの企業の話を聞くのかは3月までに決めておかないといけません。3月はスポーツで例えると試合開始と同じです。準備運動をしないで、いきなり走りだして、ベストタイムを出すことはできませんよね。

就活でも勝利を勝ち取れるようにどの時期に何をしておけばいいのか今のうちからチェックしておきましょう。

12月には自己分析・業界研究・筆記試験対策をやっておこう

これら3つは、3月頭に準備が整っていないといけません。なぜなら、ルールを守っている企業でも3月からはエントリー・ES提出・試験が始まるからです。
そして、自己分析と業界研究を踏まえてエントリーする企業を選び、自己分析をもとにエントリーシートを書き、筆記試験に臨まないといけません。

しかし、1月には大学の期末テストの準備、2月以降は合宿や大会に向けて練習に力を入れることになるので、時間的に余裕がありません。12月までの時間をいかに有効に使えるかがカギとなるので、まだ就活は先だと油断せず、計画を立てて進めていきましょう。
自己分析・業界研究・筆記試験対策の具体的な内容はのちほどお伝えします。

12~2月は冬のインターンのピークなので、インターンに参加した方がいいとされている業界が気になっている人はインターンへの応募も必要です。
一般的にインターンに行くことが選考に影響する業界は、外資系企業・総合商社・広告・ITベンチャー企業です。それぞれの業界におけるインターンの役割を説明します。

・外資系:最終選考に近い本選考の山場
・総合商社:志望度を確かめ、優秀な学生に目を付ける
・広告:優秀な学生を確保する
・ITベンチャー:長期インターンはアルバイトとして働く試用期間であり、その場で優秀な学生を見極め、確保する

以上の業界に該当する企業は、インターンの段階で採用したい学生を選んでいる可能性が高いです。自分が気になる業界が上記にあてはまる人はインターンに参加することをオススメします。
ただ、人気企業のインターンは応募者が多く、参加者を絞るために選考を行いますので誰でも参加できるわけではありません。インターンの選考を突破するポイントについては下記コラムを参考にしてください。
【コラム】インターンシップ選考が不安な人に伝えたい重要な3つのポイント
https://asupura.com/2021/knowhow/detail.php?knowhow_id=5996

【自己分析】
毎年、就活終了後に「もっとちゃんと自己分析すればよかった」と後悔する学生さんがいます。
就活は後戻りができません。6月以降、選考が進む中で「この業界やっぱり合わないかも」と気付いても、もうその時には選び直しをしている時間も、選べる企業もグンと減っています。自己分析をしないで業界研究をすると、今の自分が興味のある業界ばかりに目が行きますが、就職は一生のことです。今の興味ではなく、将来的に自分の能力が活かせる業界がどこなのか判断しなければなりません。
自己分析の詳しいやり方は下記コラムを参考にしてください。
【コラム】いつから何をやるべき?部活と就活両立するためのコツ
https://asupura.com/2021/knowhow/detail.php?knowhow_id=5999
業界研究のポイントは、広く浅くあらゆる業界の全体図を知ること。志望する業界を深く理解するのは、選考を受ける企業を絞りだす3月からでも十分間に合います。
業界研究のやり方としておすすめするのは、複数の企業が集まるキャリアイベントへの参加です。1日イベントに出向くだけで、聞こうと思えば6種類以上の業界の話を聞くことができるので、効率良く業界への理解が深められます。

【筆記試験対策】
筆記試験はなんとかなると思って臨むと、意外と落ちます。体育会学生の多くがつまづくポイントです。先輩からネットで答えが回ってくるって聞いてるから大丈夫と安心している人もいるかもしれませんが、人気企業は不正のできない状況で受験をさせ、実力が出るような仕組みにしています。
出題傾向や問題の回答パターンを把握していれば、比較的短時間の勉強で対策できるので、今のうちからやっておきましょう。

1~2月は企業研究・エントリーシート対策をやっておこう

1~2月は徐々に自分の行きたい企業を絞っていく時期なので、自己分析があやふやなまま進めてしまうとどこかで企業と自分のミスマッチに気づいてしまう可能性が高いです。
業界研究は引き続き行うもよしですが、早くから業界研究をしていて自分に合う業界が見つかっている人は企業研究・エントリーシート対策に移りましょう。
企業研究・エントリーシート対策の詳しい情報は後半でお伝えします。

また、早めに選考が始まっている企業で面接経験を積んでおくのも有効です。部活の先輩と模擬面接をして手ごたえを感じても、全く知らない大人と話すとなると、誰もが緊張します。経験を積んで、本命の企業に備えましょう。

【企業研究】
まず企業研究の目的は、企業への理解を深めることで自分の価値観や就活の軸にあった企業を選ぶため、得た知識を元にその企業に役に立つ人材であることをアピールして企業から選ばれるためです。企業研究が足りないと、「全然面接通過しない」「入社してみたら思っていたのと違った」ということが起こります。そうなってからでは手遅れです。
企業研究をする際に知っておくべき情報は下記コラムを参考にしてください。
【コラム】体育会学生におすすめの情報収集方法
https://asupura.com/2021/knowhow/detail.php?knowhow_id=6113

【書類選考・エントリーシート対策】
書類選考を導入している企業は88%、そのうちエントリーシートを導入している企業は65%と、半分以上の企業がエントリーシートでの選考を行っています。エントリーシートの通過率は全体でみると50%前後、超人気企業だと7%前後と、出せば通るというわけにはいきません。
主に自己PRや学生時代頑張ったこと、志望理由等を問われ、面接で質問する際の材料にする場合もあります。面接で聞かれたときにうろたえないようにエントリーシートを書く際には、自分の考えや経験と書いた内容に矛盾がないか注意しましょう。

3・4月はエントリー・説明会予約・面接対策をやっておこう

受けたいと考えている企業にエントリーし、説明会が行われる場合には予約をしましょう。ルールとしては、3月1日からエントリー受付を開始することになっており、同時に説明会の予約なども始まります。人気企業の場合、説明会の予約がすぐに満枠になってしまうので、「3月に入ったらやる」ではなく、「3月1日にやる」くらいの気持ちでいた方が安心。2月のうちに受付開始時間を確認しておくことをおすすめします。
なお、それより前から採用活動している会社もたくさんあるので、事前チェックも怠らないようにしましょう。

エントリー後、各企業の選考フローを確認し、個社説明会に予約をしたり、エントリーシートを準備したりというように、企業ごとのスケジュールに合わせて準備していきます。

【面接対策】
面接と試合は同じです。1度きりのチャンスをつかみ結果を出さないといけない。そう考えると、準備と反省が大事なことがわかりますよね。
人と話すのが得意だという人は特に注意してほしいのですが、面接は普段の会話とは違います。初対面、もしくはそれほど親しくない大人と、相手が知りたいことに対して簡潔に分かりやすく、かつ採用したいと思わせられるように答えていかないといけないので、自分はコミュニケーション能力があるから大丈夫と過信しないようにしましょう。

不安にならなくて大丈夫!就活期間は充実した日々を送れます

就活ってこんなに長くてこんなにやることがあるんだって思ってげんなりしましたか?
失敗して欲しくないので、たくさん書いてしまいましたが、就活に後ろ向きにならないでください。
就活中は、様々な企業のことを知れたり、普段関わらない人と交流したり、キャリアについて真剣に考えたり、自分の将来にとって絶対に役に立つ有意義な時間を過ごせます。
学生だからこそ時間にも余裕があるし、企業の情報を無料で受け取ることができるんです。
社会人になってから「就活をもっとちゃんとやっておけば良かった」なんて思っても、もう後戻りはできません。
今できることを精一杯やって、未来の自分にワクワクしながら就活を楽しみましょう!

他の就活ノウハウを見る